バイアグラは危険?

ED治療薬のバイアグラに対し、誤解していることがある人は多いです。よくいわれているのはバイアグラは危険で、飲むと死ぬというものです。このことに関してですが、勃起に満足していないこと以外は健康に問題のないという人が用法用量を守り服用する分には問題ありません。副作用として9割の人に顔面のほてり、目の充血、鼻詰まり、動悸、頭痛といった症状が副作用として起こりますが、作用がなくなると同時に消失します。問題が起こるとすればこの程度のことです。

しかしながら、勃起不全の症状以外にも健康に関する問題がある人の場合、状態によってはバイアグラはたいへんに危険なものになります。バイアグラには飲み合わせが悪く、一緒に使用すると体に悪影響がおよぶリスクがある併用禁忌薬があります。硝酸剤などが併用禁忌薬となっていますが、バイアグラと併用することにより極端に血圧が低下してしまう危険性が高くなります。このような人にはバイアグラの処方は不可となっていますが、この事実を把握していない人が個人輸入代行業者を介してバイアグラを購入し、併用した結果、深刻な副作用を引き起こす事例が多発しました。ひどい例では心肺停止になってしまった人も過去にはいます。また、現在でも個人輸入業者を介してバイアグラの偽造品と知らずに使った結果、健康被害が起こるリスクはあります。

以上のように処方不可の人が服用したり、正しい使用方法を把握していない人が用法用量を守ることなく服用したり、個人輸入業者で偽造品をつかまされたりしない限りは、バイアグラは安全な薬です。当サイトでは、ほかのバイアグラに対する誤解を紹介していますので、正しい知識を得たい人はぜひチェックしてください。