興奮はする?

バイアグラに対する誤解には、飲むと興奮するというものがあります。バイアグラを服用したとしても、興奮するようなことはありません。精力剤や媚薬のようなものとして、メディアなどで紹介されることがあるため多くの人が間違って覚えてしまっています。性欲や興奮を増大させる効果はバイアグラにはありませんが、服用する=性行為をするということで、やる気のスイッチが入るというようなことを感じる人は多いです。

バイアグラはあくまで血流を良くして勃起を促すための医薬品です。性行為1時間前に服用すると、空腹時の場合には30分ほど経過すると作用します。この薬の作用は4~6時間持続し、性的刺激を受けた際の勃起を起こりやすくしてくれます。なお、バイアグラの効果は食事と併用することにより悪影響が出てしまいます。作用が発言するまでの時間が長く必要になったり、勃起を促す効果自体が半減したりしてしまいます。バイアグラは空腹時または食後2時間経過したあとに飲むことが推奨されていますので、守ると良いでしょう。

また、性的欲求を高めるためにお酒を飲む人は多いでしょうが、アルコールによって効果が弱まってしまうため、バイアグラとの併用は控えるようにした方が良いでしょう。